琉球絣

起源14世紀から15世紀に南方から絣の技法が沖縄に伝わったとされている。

儀間真常(ぎま しんじょう)が薩摩藩から木綿の種を持ち帰り、絣が盛んになったが、近年では絹が使われ、手拠り手織りで一段一段丁寧に織られる。